About ITOHEN tokyo About ITOHEN tokyo

About us

ITOHEN tokyoを運営する堀田丸正株式会社は1861年(文久元年)に創業。
160年余りの時が経とうとしております。
創業時の日本は幕末、黒船が来航した激動の時代です。

その中で創業当時は京呉服や雑貨の持下り商いからはじまり
いまでは意匠撚糸から呉服そして「糸」にまつわる
様々な物づくりに携わってまいりました。

糸の力は無限です。

細い一本の糸が縒り合わさり、それがさらに織物や編み物となり暮らしに根差す
身近なものとして様々に形を変えて私たちの人生に豊かな彩りを与えてくれます。

img img

私たちは「糸」という一番はじめの物づくりから、
日本そして世界の職人さんや工場と共に「温故知新」伝統や文化の本質と価値を探求し
変わりゆく時代に合わせた新しい価値を創造していきます。

img img

素材Material

ITOHEN tokyoのブランドでは、自社こだわりのオリジナル糸をはじめ
綿や麻・和紙などの天然繊維から、機能性のある合繊繊維
環境問題に配慮したリサイクルの素材までアイテム毎に最善の素材を選定しています。

「最善」とは、使う人の暮らしや気持ちに寄り添えることだと考えます。

丁寧に扱えば長く使うことが出来る耐久性であったり
使い込むことで生まれる素材の変化を楽しむ心持ちであったり
使う人それぞれの大切にすることは様々

そんな多様性を感じていただけるようにと、祈りながら素材を探し選んでいます。

img img

作り手Craftsman

ITOHEN tokyoのブランドのアイテムを作ってくださる職人さんや工場さまは
日本中の産地であったり、技術によっては海外でしか出来ないアイテムは海外でと

何をお届けしたいのか?の視点と、わたしたちが理想と思うものを形にするため
技術によって作る場所を変えています。

img img

南アルプスのニッター
米沢の縫製所
鯖江のメガネのフレーム加工職人
奈良のバッグ仕立て職人
他にもたくさんの「手」と「手」をバトンで繋いでいきます

今までも、これからも
日本でも日本でない国でも